地域でする、子育て支援

子育て支援・ファミリーサポートセンター

ファミリーサポートセンターとは、子育ての支援をしてほしい人(依頼会員)と、手助けしたい人(提供会員)が
それぞれ会員となり、お互いに助け合いながら、地域で子育ての支援をしていこうとするものです。
センターは、依頼の求めに応じ、条件に合った支援ができる会員を紹介し、会員相互の子育てをサポートします。
地域全体で子育て支援することを目的とした市の事業です。
センターでは、随時会員を募集しております。お電話でご連絡の上、ご本人確認の出来る書類(免許証・保険証等)をお持ちになりセンターへお申込み下さい。
※支援活動は会員登録制の、有償のボランティアです。
※支援をしてもらったら、時間当たりの報酬を提供会員に支払います。(1時間600円~)

ファミリーサポートセンター

地域で子育て・助け合い。矢板市ファミリーサポートセンター

【子育ての支援をしてほしい方】
●矢板市内に居住または勤務をしている方で、6か月から小学6年生までの子ども支援を受けたい方
【子育ての支援をしたい方】
●矢板市内に居住している満20歳以上の方で、心身ともに健康で積極的な育児支援ができる方

支援活動は有償のボランティアです。

初めてファミリーサポートセンターをご利用の方には、2時間分の無料お試し券(1,200円分)を差し上げます。
支援をしてもらったら、時間当たりの報酬を提供会員に支払います。(1時間600円~)

提供会員

提供会員は、依頼会員の「どうしよう」にお応えする形となります。可能な支援方法についてご登録下さい。
●車の運転が出来ないので、家に来てくれればお子様を見ていてあげられますよ!
●家では預かれないけど、送迎だけならお手伝いできるわ! などなど

依頼会員

こんなお困りごとでも大丈夫です。ご相談ください。
●出張で保育園のお迎えに行けない。
●上の子を病院に連れて行く間、下の子を見ていてほしい。
●習い事にいかせたいけど、仕事で送れない。「送り」だけお願いしたい。
●ママが通院の間、一緒に病院に行って子供を見てほしい。
●地域に知り合いがいなくて実家も遠い。私が病気の時など子どもを見てくれる人を紹介してほしい。など

両方会員

依頼会員・提供会員を兼ねる両方会員としての登録も受け付けています。
必要な場合は依頼会員に、余裕が出来て協力できる場合は提供会員として支援をしていただきます。

学童保育・児童館

ランドセル矢板市では、保護者が労働等で昼間家庭にいることのできない小学校低学年(1年生~3年生)の児童を対象に、適切な生活の場や遊びの場を提供し、児童の健全育成を図ることを目的に学童保育を実施しています。
矢板市社会福祉協議会では、矢板市からの指定管理を受けて実施しております。

●詳しいご利用情報は「児童館・学童保育館」をご参照ください。
●定員は各学童保育館により異なります。定員に満たない場合は高学年(4年生~6年生)まで利用できる場合があります。
●長期休みのご利用については、当該休み期間ごとに事前に申請期間を設けます。
●定員オーバーの場合はご利用できないこともあります。
※お申し込み・ご相談は矢板市社会福祉協議会または各学童保育館にて受付けております。

児童館・学童保育館