介護保険

介護保険の仕組み

介護保険は市区町村が運営し、40歳以上の方が加入します。
地域包括支援センターが中核となって、高齢者の暮らしを地域ぐるみで支える制度です。
※介護保険を利用するときは申請が必要です。申請後、市区町が行う「要介護認定」のための審査を受け、どのくらいの介護サービスが必要かの判断を受けます。(要支援1・2 または、要介護1~5、非該当)

加入者(被保険者)の年齢 介護保険利用の可否
40歳~64歳
第2号被保険者
介護保険で対象となる病気(特定疾病16種)が原因で「要介護認定」を受けた場合に、介護サービス・介護予防サービスを利用できます。
65歳以上
第1号被保険者
介護や支援が必要であると「認定」を受けた場合に、介護サービス・介護予防サービスを利用できます。

介護保険サービス

要介護1~5と認定された方は、ケアマネージャーに希望を伝えてケアプラン(介護サービスの利用計画)を作ったうえで介護サービスを利用します。
要支援1・2と認定されたか方は、地域包括支援センターに連絡し、介護予防ケアプラン(介護予防サービスの利用計画)を作ったうえで介護予防サービスを利用します。

介護保険


●ケアマネージャーによるケアプランの作成やサービス利用に関する相談(在宅介護支援)は全額を介護保険で負担しますので無料となります。
●その他、負担費用は施設の体制などによって異なります。詳しくはお問合せ下さい。

0287434611
認定・判定 希望・要望 利用できるサービス
要介護1~5の方 自宅で暮らしながら
利用したい
自宅を訪問してもらう
●在宅介護支援(ケアプランの作成・支援:無料)
●訪問介護(ホームヘルプサービス)
●訪問入浴介護
●居宅療養管理指導
●訪問看護
施設に通う
●通所介護(デイサービス)
●通所リハビリテーション(デイケア)
短期間施設に泊まる
●短期入所生活介護(ショートステイ)
●短期入所療養介護(医療型ショートステイ)
介護保険施設へ
入所したい
●介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム:生活介護が中心)
●介護老人保健施設(介護やリハビリが中心)
●介護療養型医療施設(医療が中心の施設)
要支援1・2の方 地域包括支援センター
へ連絡・相談
●介護予防支援(ケアプランの作成・支援:無料)
●介護予防訪問介護(日常生活の手助け)
●介護予防訪問入浴介護
●介護予防訪問リハビリテーション
●介護予防居宅療養管理指導(医師の指導の元の助言・管理)
●介護予防訪問看護(医師の指導の元の助言・管理)